手汗を止める薬で手汗にバイバイ

手汗を止める薬で、ひどい手汗にバイバイ

手汗を止める薬で、ひどい手汗にバイバイ

ひどい手汗を止めるには、手汗を止める薬を使うのが一番です。手汗専用の薬を使うことで確実に手汗に働きかけ、手汗が出るのを抑えることができるようになります。

 

手汗を止める薬と言っても、あまり世間には周知されていないためどういったものがあるのかわからない方も多いかと思います。手汗を止める薬には、薬局で簡単に購入できるものからネット通販限定で販売されているもの、病院で処方してもらうものなどがあります。詳しく知りたいという方はこのランキングサイトがおすすめです。
ひどい手汗を止めるにはこの薬!

おすすめは通販で購入するタイプ

上記した薬の種類の中でも、私がおすすめするのは通販で購入するタイプのものです。まず薬局で手に入る薬には、ものによっては近くのドラッグストアでは取り扱っていなかったり、知っている人に見られる(手汗がひどいことがバレる)というリスクがあること、使いづらいといったデメリットがあります。また、手汗専用ではなく汗全般を対象としている薬だったり、成分が合わず手が荒れるといったこともあります。

 

次に病院で処方してもらう薬ですが、これは手汗について診てくれる病院が通える範囲にある必要があります。仕事が忙しく病院に通う時間がなかったり、学生さんだと一人では通えなかったり、条件が難しいのが問題です。処方される薬自体は効果の高いものが多く、医者の判断で処方するものなので手荒れなどもきちんと診てもらえて安心というメリットもあります。

 

総合的に考えて、ネット通販ならたくさんの種類の中から気に入ったものをじっくり比較して選べること、人にバレる心配がないこと、手が荒れても返金保証の付いている商品があることなど、特に初めて薬を試したいという方に向いています。

ネット通販で買える薬

ネット通販で買える薬には、手に塗るハンドクリームタイプのもの、パウダータイプのもの、ローションタイプのものがあります。それぞれにメリットとデメリットがあります。
クリームタイプ・・・持続時間が長い、ハンドクリームにしか見えないため人にバレない、コスパが良い
          即効性はない、こまめに塗り直す必要がある
パウダータイプ・・・即効性がある、ルースパウダーにしか見えないため人にバレない
          持続力に欠ける、内容量が少なめ
ローションタイプ・・・1日1回塗るだけで良い、持続時間が長い
           即効性はない、手が荒れやすい

 

手が荒れるかどうかは個人差によるところが大きため、口コミなどで良さそうだと思っても自分は駄目だったということはあります。しかしこれは薬局で購入できるものでも、病院で処方されるものでも同様に言えることなので、自分が納得のいく商品を試してみることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ