手汗対策グッズのすすめ

手汗対策に悩んだら手汗専用グッズ

手汗対策に悩んだら手汗専用グッズ

簡単な手汗対策の方法として、手袋をはめるというものがあります。
綿素材の手袋なら汗を吸ってくれるので、パソコンを触ったり書類を触るときなどは十分な効果が期待できます。
しかし、日頃から手袋をはめていると目立ってしまうもの。
それに手汗の量が多い人だと手袋が湿ったり濡れてきてしまうので、どうしても人にバレてしまうのが問題です。

 

人にバレずに手汗をなんとかしたいと思っている人におすすめな手汗対策として、手汗専用のグッズを使う方法があります。
手汗だけに効くよう作られたハンドクリームをやパウダーを手に付けることで、手汗を出にくくするというグッズです。
化学物質が手汗が出てくる汗腺「エクリン腺」に働きかけるため、汗腺が収縮して手汗が出るのを抑えます。
しかしこの化学物質によって手が荒れてしまう人がいるため、自分にあった成分や量を見極めなければ、使い続けるのが難しくなってしまいます。

 

多くの手汗対策グッズに使用されている成分を「クロルヒドロキシアルミニウム」と言うのですが、ほとんどの人には手荒れが起こりません。
しかし敏感肌だと手が荒れる人がいるため、自分が敏感肌だと自覚している場合はパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。
手汗対策グッズ

 

手汗対策グッズを選ぶ上で一番重要なのは成分ですが、他のポイントとして持ち歩きやすいデザインかということがあります。
今やほとんどのグッズが、持ち歩くことを想定して、コンパクトなサイズになったり化粧品やハンドクリームに見えるようにデザインされています。
しかし中には女性向けのデザインで作られているものもあり、男性が持ち歩くには抵抗がある場合があります。

 

こういったグッズは手汗を気にする女性をターゲットとして作られているのですが、もちろん男性にも手汗に悩む人は多く存在します。
ハンドクリームタイプのグッズならば男女問わず持ち歩けるデザインになっているのでおすすめです。
男性だと会社で握手する機会が多かったり、男女兼用のパソコンなどを使う際に気をつけている人も多いと思いますので、
手汗対策に悩んでいる人は一度試してみて、自分にあっていた場合は精神的にも楽になるはずです。

 

ほとんどのグッズは4,000円ほどで買えるので、少し高いと感じるかもしれませんが、これまでのコンプレックスを解消できると思えば一度試してみる価値アリですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ